長期間使用することを考慮すべし

通常のウィッグならば短期間使っただけで使い捨ててしまうことも多いですが、医療用ウィッグの場合は長期間使用することになりますので、その辺りも検討しておくべきでしょう。抗がん剤の治療期間はだいたい1年から2年程度続くもので、その間使用し続けることを考慮すると、あまりお肌に馴染まないウィッグを購入してしまったがために苦痛を感じてしまうことも考えられるため、できれば自分に合った物を選んでおきたいところです。フルオーダーメイドかセミオーダーか既製品か、この3つの違いは使い心地にも大きく影響を及ぼすので、しっかりと考えた上で選ぶようにしてください。

また、抗がん剤治療の場合は脱毛期と発毛期があることも考慮すべきです。毛が少なくなっていく時期は自分の髪もある程度残っていますので若干大きめにしておく必要がありますが、全て抜けきったあとだとスカスカと動いてしまう可能性もありますので、少しだけ小さくする必要があります。医療用ウィッグは勿論この辺りの微調整も随時ケアしているところも多いので、購入後のアフターケアでウィッグを選んでみるのもおすすめとなります。それぞれの特徴とアフターケア、それから価格のバランスを見て、医療用ウィッグの購入を検討してみてください。

価格の相場は?

やはり医療用ウィッグの価格にもこだわりたいところですが、どの程度の費用がかかるのでしょうか。結論から言ってしまうと、医療用ウィッグの価格はピンからキリまであり、お金をかけようと思えばいくらでもかけられます。3種類のウィッグの特徴を踏まえたうえで、適切な値段のものを購入するように心掛けましょう。

医療用ウィッグの価格に大きく寄与する要素は、素材とオーダーメイドという点になります。素材について紹介していくと、既製品の人毛ならば1万円から10万円前後となりますが、フルオーダーメイドになると30万円を超えるようなものまであります。セミオーダーでも5万円から30万円程度と、自分の体に合わせてサイズを微調整するとなると大幅に価格が高くなるという特徴があります。費用を安く抑えたいのであれば、既製品を活用するか、もしくはセミオーダーの人工毛のウィッグを使用するといった方法が考えられます。これならば10万円前後まで抑えることが可能となります。この他にも、安価なファッションウィッグを活用してみるという方法もあります。ファッションウィッグは人工毛ではあるものの、種類も豊富で価格も安価という魅力がありますので、こちらの活用もご検討ください。

まずは種類と特徴からおさえよう

まずは医療用ウィッグの種類について見ていきましょう。医療用ウィッグは毛髪に使用されている素材によって大きく3つに分けることができます。その3種類とは、人毛、人工毛、ミックス毛です。人毛の特徴としては、見た目と手触り、馴染みやすさが3種の内で最も質が高い点が挙げられます。特に注目したいのが手触りについてです。ウィッグは見た目さえ変じゃなければ良いのではないかと考えがちですが、自分で触った感覚がより自然だと、本当に自分の髪であるかのような感覚になり、髪のお悩みも一手に解消可能ですので気にしておくべきです。

次に人工毛の医療用ウィッグについてですが、こちらに使用されているのは合成繊維となります。ナイロン系の素材かポリエステル系の素材かによって更に分けられ、見た目の質感は人毛に引け劣りません。色合いについても豊富で、ヘアスタイルも自在に変化させることが可能な点も魅力ですね。更に価格についても安定していて、安さという魅力もあります。最後にミックス毛についてですが、こちらは人毛と人工毛のどちらも取り入れられている、両者のちょうど中間のようなウィッグとなります。どちらのメリットも兼ね備えていて、こちらも根強い人気を誇っています。

医療用ウィッグとファッションウィッグ、何が違う?

ウィッグには医療用ウィッグとファッションウィッグがあることを、皆さんはご存知でしょうか。両者の違いは医療目的なのかファッション目的なのかという点にあると言えますが、これだけだと医療用ウィッグも見た目を良くするために使用する以上、ファッション目的でないとは言い切れないため、少しばかり曖昧になってしまいます。もう少しだけ説明を加えると、ファッションウィッグは見た目にウェイトがかかっているウィッグで、髪色や髪質も自由に選んでファッション感覚であるのに対し、医療用ウィッグは見た目が「自然」になることを重視したウィッグとなります。

医療用ウィッグは医療用という名前が付けられるくらいなので、医療に関係のあるシーンで使用されることを想定しているという特徴もあります。具体的なシーンとしては、抗がん剤治療の副作用によって毛髪が抜け落ちてしまっているというシーンが代表的です。この他にも円形脱毛症などの病気によって脱毛が進んでしまっているといったシーンなどもあります。また、老化によって薄毛化が進行してきている方についても医療用ウィッグは対象としているなど、見た目の自然さを取り戻すという形で使用されています。

さて、そんな医療用ウィッグですが、もしも購入するとするならば、何を基準にして選んでいけば良いのでしょうか。医療用ウィッグの種類と特徴、価格の相場と選ぶ際におさえておきたいポイントについてご紹介していきます。